【御礼】黄山二胡楽団 第1回演奏会 ご来場のみなさまへ

20170319_%e9%bb%84%e5%b1%b1%e4%ba%8c%e8%83%a1%e6%a5%bd%e5%9b%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88_%e9%9b%86%e5%90%881

先日は黄山二胡楽団第1回演奏会に

お忙しい中たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました

また、消防法により立ち見が出来ず

遠くから来ていただいたのにホールに入れなかったお客様には心からお詫びを申し上げます

すみませんでした

トリフォニー小ホールはとても美しい響きのいいホールで

お客様みなさん楽しみにしてくださったこと

指揮をしていても伝わってきました

ソロを弾いている時もよく聴いてくださっていること伝わってきました

演奏している楽団メンバーにも温かく見守ってくださるのわかりました

二胡を初めて聴きましたと言ってくださる方、二胡を習ってて楽しんでくださった方

いろいろ感想を言ってくださり、とても嬉しかったです

これから二胡始めたいと言ってくれた方もいました

習いに来てください、二胡楽しいです一緒に弾きましょう

これから楽団でやりたい曲たくさんあります

教えたいこともたくさんあります

みんなもっと上手になります

また、皆様と二胡を楽しむ時間を作れたらと思います

本当に、ありがとうございました

20170319_%e9%bb%84%e5%b1%b1%e4%ba%8c%e8%83%a1%e6%a5%bd%e5%9b%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88_%e3%81%94%e6%8c%a8%e6%8b%b6

甘  建民

 


 

演奏会のお礼

3月19日、黄山二胡楽団の第1回演奏会にいらしていだだきありがとうございました。

せっかくいらしてくださったのにホールに入れなかったたくさんのお客様、本当に申し訳なく思っております。

立ち見でもいいから聴きたかったと言っていただき、私たちも胸が痛みましたが、いつ大きな地震がくるとも限らないこのご時世で、ホールの方もロビーに椅子を出すなど(ほんとうはしないことだそうです)迅速に精一杯のことをしていただきました。

どうか、安全を優先したのだと、広いお心でおさめていただけますようお願い申し上げます。

黄山二胡楽団は2年前に発足し、楽団の練習にその後1年間で30人以上の方に参加してもらったと思います。

出来たばかりで特にイベントがあるわけでもなく、ただ合奏が楽しいから二胡が好きだからと参加してくれました。その間、お仕事が忙しくなったり、体調が思わしくなくなったり、ご家族の都合、介護などでメンバーもだいぶ入れ替わりました。

1年前は活動メンバーが18人ほどでトリフォニー小ホールが抽選で当たった時も「ガラガラだったらどうしよう?」と言っていたほどでした。

それがこの1年で倍に増え、いろんな事情で演奏会には参加できないメンバーもいて31人が晴れの舞台で演奏することが出来ました。

1か月前には強化合宿も行い、子供や孫のような大学生に交じってご飯を食べ体力の限界を引き上げ、二胡の腕も少し引き上げ、チームとして少しまとまり始めました。

この1年に入ったメンバーは前年練習した7曲+難しい新曲3曲を1年で仕上げるのでさぞたいへんだったろうと思います。特に最後の2ヶ月は通常の月2回練習に加えて特別練習が1回、パート練習が1回、アンサンブルに出演するメンバーはその前後に集まって練習、アンサンブル掛け持ちで前後とも練習だとか2グループ間を文字通り駆けてた方もいました。

メンバーのお身内にも日曜の度不在になる妻、母、娘、もしくは彼女にさみしい思いをして(男性は独身の方が多かったのでそうでもないと思いますが)、夜中によくわからない中国曲を弾かれ、さまざま耐えていただいたことと思います。

ご協力ありがとうございましたm(__)m

実行委員さんにも、後援をいただいた電話に出ない中国大使館とのやりとりから始まっていままで経験したことのない「楽団の演奏会」に向けて、人探しから最後楽屋の片づけまで、こまごまとご尽力いただきました。

お手伝いいただいた司会の福嶋さん、岩井海岸の合宿まで来てくださったピアノ伴奏の大森さん、混乱する会場を仕切ってくださった舞台監督の出倉さん。才能あふれるお三方のお陰で演奏会が滞りなく進行しました。

「二胡の友」の亀岡さんと二胡振興会さん、二胡学院のホームページでいつも黄山のことを載せてくれてる湯木さん、大きな宣伝の協力をいただきました。ブログやfacebookでチラシを載せてくださった方もたくさんいました

朝8時に集合という強行スケジュールに付き合い力仕事をしてくださった、川越さん、大内さん、石原さん。

阪巻さんには実行委員から始まってfacebookの黄山二胡楽団を作成管理してもらい、アンサンブルの打楽器担当、最後はカメラマンとして八面六臂の活躍でした。

受付を手伝ってくれて自分の席まで譲ってくださった、楊さん、竹本さん、杉森さん、桑さん。

合宿の演奏写真を撮ってくださった小笠原さん。

何かと準備フォローしてくれて、前日にあったアクシデントにまで速攻で対処してくれた高道さん。

アカデミー賞のスピーチみたいになってしまいましたがw

ほんとうにたくさんの方のお陰で素晴らしい演奏会が体験できました。

ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

演奏が始まったとたん、お客様が聴き入ってくださっているのが舞台の上でわかりました。こういう緊張感の中で演奏するのは本番ならではのことです。1曲が終わるごとにリラックスしていき、みんなの音も優しく響くようになったと思います。

最後の「花は咲く」で甘先生の抑えた音にぐっと来た方も多かったようです。舞台で弾きながらも哀しみと希望が胸に広がりました。1音でいいからいつかあのような音を出してみたいと、先生の演奏を聴くたび思います。

黄山二胡楽団、5月の28日に大塚ミュージックフェスティバルで演奏します。時間などはまだ未定ですが、よろしかったらお越しくださいm(__)m
img_4153

事務局 近藤